中古 厨房機器

『中古 厨房機器』の関連文章

東京、神奈川、川崎エリアの業務用厨房機器買取ならループループでは、業務用厨房機器の買取・中古販売を東京や神奈川の川崎を中心に全国対応で行っています。買取の査定額、販売価格共に自信有り!厨房機器の事なら何でもご相談下さい。厨房機器のリース(新品、中古)お取り扱いします。厨房機器の搬入、設置、メンテナンスおまかせ下さい。

『中古 厨房機器』のブログ

鯖の香味焼きと鶏肉の利休煮
35年前はよしとされていたのでしょうが、配管がむき出しだとほこりや、配管の塗装が剥げてきて、とても衛生的とは言えません。
最新の厨房機器が出るたびに、入れたいなと思う反面、うちはあの配管をどうにかしないと、とても最新設備は入れられないという思いでした。
今度は長丁場になりそうなので、食事の提供方法を改めて考えないといけないと思います。

墨出し
墨出し
今日は設計士、施工店、大工、電気、ガス、水道、空調、看板、厨房機器、全ての関係者揃っての現場での墨出し&打ち合わせ。
集まった業者さん達は総勢16名。

『中古 厨房機器』の質問サイト

新しく建てる家に三相200vを引きたいと考えています。 近いうちに家を建て替えることになりました。 料理が好きで若いころ料理店で働いていたこともあり、家に業務用の中華レンジを設置するのが夢でした。 しかし、ガスの中華レンジは火力がかなり強く一般家庭に設置するには数々の防火対策を講じなければならないようなので泣く泣く断念しました。しかし厨房機器メーカーの方曰く、IHの中華レンジならレンジフードをちょっと大きめのものにし、給排水配管、動力の配線をすれば設置できるとのことでした。ちょっと希望が出てきました。 配管、レンジフードは業者に頼むとして・・・。当方、電気工事士の資格を持っているのでコスト削減のため電源の確保は自分でやろうと考えております。しかし、当方は家のリフォーム時に単相100vの工事しかしたことがなく、電気工事店での実務経験がないペーパー工事士です。ましてや動力となると電気工事士の受験前にちょっと勉強したくらいでさほど知識はございません。 幸い、三相電源は自宅に隣接してある農業作業場に引いてあるので、電源の確保はできそうです。そこから自宅まで引っ張ってコンセントを増設しようと考えているのですが、さてどうやったらよいものかと悩んでおります。 ケーブルの太さ、真相コンデンサの大きさなど、ご指導いただけますでしょうか? また、そのような工事をする場合は電力会社の検査や契約など必要なのでしょうか? ちなみに、設置しようと考えているIHレンジは消費電力5kw、電源容量5.6kVA、漏電ブレーカー容量は30A、とメーカーホームページに記載されております。 ご指導をよろしくお願いいたします。
私もmyahiro30さんと同じ認識を持っていました。 一般家庭の室内には対地電圧200Vの機器は置けないと。 一度、電力会社に相談してみてはいかがですか?
開業年の白色申告について。 調理道具35146 厨房機器315767 計350913(開業前私用カード払い) 運賃16200(現金払い) ↑は合計して固定資産となるのでしょうか? その他、塗装、水道パイプ工事代、コンセント工事、トイレ壁紙張替え、カーテン 便座代など、合計260836 ↑はそれぞれ修繕費となるのですか?それともまとめて開業費となるのか・・。 後、準備費として、旅費、棚など細々で68103、こちらは開業費でよいのですか? どのように計上したらよいか教えて頂きたいです。
まず、なぜ白色申告なのでしょうか。白色は基本的には経費はあまりつけられませんので、税務署担当者によっては全部経費にできない可能性もあります。以前は帳簿が不要などで手軽に思われていましたが、現在は白色でも帳簿は必要となり、あまりメリットはありませんので、早急に青色申告にされたほうが良いと思います。青色で帳簿をきちんとつけていた場合は、上記のような経費はもちろん全額計上できますし、その他の打合せ飲食代や交際費なども経費として計上が可能です。 開業にかかった上記費用ですが、全て開業費としてけっこうです。しかし、合計をざっくりとつけるのではなく、詳細は必要です。 また、全てを開業費とせずに、旅費などは「交通費」棚などは「消耗品費」のように通常の勘定科目にしてもかまいません。ご自身がわかりやすいようにつけたら良いと思います。 厨房機器は中古でしょうか。固定資産等にしなくても良いです。 尚、クレジットカードの支払いであっても、物品の購入や飲食代は領収証をもらうようにしましょう。カードの明細とは別に、物品購入や飲食代はレシートか領収証をもらうことができます。(店員が勘違いしている場合がありますが必ずもらえます。)

関連語

  1. 狩るゲームについて>
  2. ページ一覧3>
  3. 中古 厨房機器